企業情報Corporate profile

松村組トップページ > ニュースリリース > そで壁、接着増し打ち工法対応の「RM耐震補強工法」を開発いたしました。

ニュースリリース

そで壁、接着増し打ち工法対応の「RM耐震補強工法」を開発いたしました。


「安震ブロック」、さらなる改良で建築技術性能証明を取得


RM耐震補強工法「安震ブロック」は、RMユニットを積み上げて増設耐震壁を構築する工法で、従来の場所打ちコンクリートを用いた増設耐震壁に代わる省力化工法です。当工法は、2003年、2007年および2010年に財団法人日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得した後、学校、オフィスなどの耐震改修で多くの施工実績をあげてきました。
RM耐震補強研究会では、更に、そで壁による補強工法と接着増し打ち工法を開発し、2014年11月に、財団法人日本建築総合試験所の建築技術性能証明を取得しました。

この工法は、型枠材の消費を大きく低減し、地球環境に優しく、狭小な場所でも工事が可能で、工期を短縮できるなどの特長があり、エポキシ樹脂を用いた接着工法を採用することで、アンカー工事の騒音・振動・粉塵の削減でき、より静かに建物を使用しながらの工事が可能となります。そして今回、そで壁による補強工法が可能となり、従来の鉄筋コンクリート壁による補強工法のほぼすべてをRM耐震補強工法によって行うことが可能となりました。