新卒採用情報Recruitment

松村組トップページ > 採用情報 > 福祉・教育制度/キャリアステップ

企業を「自己実現の場」として捉えた教育制度

自己啓発を前提に構築されるパートナーシップ

人材開発の基本は、「すべての主役は自分自身である」ということです。

皆さんの人生を有意義にしてくれるのは、企業でも上司でもなく、自分自身に他なりません。従って、企業を自己実現の場として考え、常に自らを高めようとする者の努力に対して、私たちはさまざまな方法でその能力開発を支援します。

これからの企業は、社外にも通用するプロフェッショナルな人材を育成するとともに、社員一人ひとりの多様化する価値観やライフスタイルを尊重し、働きがいのある職場を実現することが求められています。

企業にとって魅力ある人材と、個人にとって魅力ある企業が、確固たる信頼関係を築き、そのことによって企業は発展し個人は人生を豊かなものにする。これこそが企業のあるべき姿と言えるでしょう。

これから松村組の一員となる皆さんは、「自学の原則」(自ら学ぶ者が育つ)を是非理解してください。それを原点に、人と企業が互いに高めあう、そんな関係が確立されることをめざしています。

個人のやる気をサポートする教育メニュー

当社では長期的な人材開発方針に、その時々の教育ニーズを織り込みながら、それぞれの教育活動を行っています。その中で皆さんが特に関心のある項目について、いくつか紹介します。

  1. 新入社員研修・・・4月の入社時研修と10月に行うフォローアップ研修
    学生から社会人への意識の切り替えと、ビジネスマナーや会社・仕事の概要を学ぶとともに、同期入社の仲間たちとの人間関係を構築する。
  2. 中堅社員研修・・・入社6〜7年目に行う研修で、実務の中心的遂行者として期待される役割を理解する。
  3. 職能別研修・・・早く自信を持って仕事が進められるよう、専門知識・能力向上のためにそれぞれ専攻別に行うもので、職場でのOJT(日常教育)と相互補完する。
  4. 自己啓発支援制度・・・建築士や各種施工管理技士などの資格取得に対して支援を行う。

人材教育体系