技術・サービスServices

松村組トップページ > 技術・サービス > CFT(コンクリート充填鋼管)構造

CFT(コンクリート充填鋼管)構造

特徴

CFT(Concrete-Filled steel Tube)構造柱は鋼管にコンクリートを充填した柱で、次のような特長があります。

  • 優れた構造性能
    充填コンクリートとそれを拘束する鋼管との相乗効果で、鉄骨造より建物の揺れが少なく、柱の断面も小さくできます。
  • 無耐火被覆の柱も設計可能
    充填コンクリートの存在により鉄骨柱の耐火性能が向上するので、耐火被覆の無い柱とすることもできます。
  • 現場作業の省力化、工期短縮可能
    SRC造柱に比べて型枠、鉄筋工事が省けるので工期を短縮できます。

実大モデル柱圧入実験

CFT構造柱を実物件へ適用するに先だって、実大モデル柱を用いて圧入実験を行いました。一般強度と高強度の2種類の高流動コンクリートを柱脚から圧入した結果、フレッシュ性状、充填性、硬化後の品質などに問題なく確実に施工できることを確認しました。

適用建物

複数階の工場・倉庫・ショッピングセンターをはじめ、高層の住宅・ホテルなどの建物に適用できます。

SHSアンカー断面図 実在モデル柱圧入実験
SHSアンカー断面図 実物件の圧入状況
(西日本物流センター(仮称)新築工事)