技術・サービスServices

松村組トップページ > 技術・サービス > DLW(RC地中連続壁)工法

DLW(RC地中連続壁)工法

機能の概要

本工法は地中連続壁を仮設の山留めとして利用する他に、本設の機能

  1. 二方向版耐側圧壁(合成壁を含む)
  2. 耐震壁
  3. 1.〜3.の一部または全部の組合せ

のすべてに適用できます。

適用範囲

掘削機の種類 掘削巾 最大掘削深さ
MHL 0.5〜1.2m 55m
MEH 0.6〜1.5m 120m

新たに開発したPP型壁間剛接継手は、継手部以外の壁と同等以上の優れた構造性能を有しているため継手位置の制約がありません。本工法は当社を含む6社(DLW工法研究会)で開発した工法で、(財)日本建築センターの性能評価(BCJ-F1020)を取得しています。