技術・サービスServices

松村組トップページ > 技術・サービス > ソイルセメント改良体工法(PSPⅡ工法)

ソイルセメント改良体工法(PSPⅡ工法)

ソイルセメント改良体工法(PSPⅡ工法) 建築技術性能証明を改定
 地盤アンカー工法に対して基礎工事の工期を10%短縮・コスト10%の削減が可能

松村組を含むゼネコン9社は、2003年に共同開発したソイルセメント改良体(PSP)工法を、PSPⅡ工法として2020年3月25日付けで( 一財)日本建築総合試験所の建築技術性能証明を改定しました。

改定の概要

今回の改定で、PSP体(ソイルセメント改良体内に鉄骨が挿入された構造体)に常時あるいは地震時の押込み荷重が作用する場合に加えて、地震時に引抜き荷重が作用する建物に対しても適用できるように設計・施工法を確立することで、適用の拡大を実現しました。

工法の特長

  • コスト低減及び工期短縮
    塔状比の大きい中低層建物では、地震時に建物基礎に大きな引抜き荷重が作用する場合があり、引抜き抵抗のための杭や本設地盤アンカーを別に構築したり、あるいは掘削深さを大きくして基礎底に厚いコンクリートを打設してその重量で引抜き荷重に抵抗しています。このような例に対してPSPⅡ工法を適用できればコスト低減と工期の短縮が可能です。
  • 環境保全
    仮設材であった山留め壁の芯材(H形鋼)を本設利用できることで建設資材の削減が図れ、環境保全に寄与します。

地震時の引抜き荷重が作用する地上9階、地下1階の建物に本工法を適用した場合、地盤アンカーを設置して地震時の引抜き荷重に抵抗させる方法に比べ、工期を10%程度短縮、コストは10%程度削減となります。

押込み荷重に対する適用時
(1)押込み荷重に対する適用時
引抜き荷重に対する適用時
(2)引抜き荷重に対する適用時

お問合せ先

株式会社松村組 建築本部 建築部 佐藤 (TEL 06-6354-8806)